ベルブライド HOME > IDEAS from BELL BRIDE 婚活リアルコラム

自分にあった結婚相手をみつけるためのプロフィールチェックポイント

自分にあった結婚相手をみつけるためのプロフィールチェックポイント②

2017年02月09日

学歴について

最近は昔と比べて、あまり学歴を気にしなくなりつつありますが、実はまだまだ結婚という段階においては重要だったりします。

実際に学歴でお相手を選ばれる方もいらっしゃいます。
残念ながら学歴が理由で親の猛反対で別れた方もいらっしゃいます。

…学歴の裏には何が見えるのか?

まずは、学歴は親の所得と比例すると言われています。
もちろん人にもよりますが、所得が高い親の場合子供の習い事などに
お金をかけることができますので、子供のころからそのような家庭環境で育つことが当たり前だったりします。

ですので、夫婦の学歴に差がある場合には、習い事等子育ての方針について、揉めることも多いようです。

小学校から私立に通われた方
中学受験で私立に通われた方
高校まで公立に通われた方
高校を卒業して働き始めた方など
いろいろな方がいらっしゃいます。

やはり、自分が歩んできた道が普通だと思うのが人間です。
お相手の学歴と自分の学歴、どうでもいいと思う人も多いですが
後々、考え方の違いで苦労することも多いのです。


大手企業の中には、今でも学歴が出世に影響することがあるようです。
ですので、自分の将来のパートナーに出世してもらいたいと考える人は、
その方の会社が出世するには学歴が必要かどうか事前に確認することも必要です。

もちろん、お相手の方の出世よりも性格、人間性等で判断するほうがいいと思いますが・・・

人によって重視する箇所は異なりますからね。
生活するうえで、お金は重要です。

あとは、学歴でどのような友達がいるのかも、なんとなく判断つきますよね。

お相手の友達とは、一緒に遊ぶ可能性もありますし、自分がお相手の友達グループと一緒にいてストレスを感じないかなども意外と重要だったりします。

職業について

職業でその人がどのような方なのか、大まかではありますがなんとなく判断できると思います。

もちろん職業で収入なども大まかには予測できてしまいますが、それよりも重要なのは、どのような性格の方なのかということでしょう。


例えば、弁護士や医者の方は、相当な努力をして勉強をされたと思いますので本当に天才か、相当な努力家かのどちらかでしょう。

保育士の方だと子供好きの方が多そう。
コンサルタントの方だとロジカルに物事を考える方が多いのでは?等
いろいろ予想できますよね。

でも中には、自分の職業イメージと異なる場合もあります。
実際にはお会いしないとわからないことも沢山あるとは思います。


それでもお見合い前に自分と合いそうな方かどうか
職業を見てしっかりと見て考えた方が無難だと思います。

お見合い1回でも貴重な時間と精神的にも体力を使いますので、なるべく効率的に婚活ができた方がいいですよね。

自己PRについて

プロフィールには『自己PR』というものがあります。
性格が一番出るのがこの自己PR。

みなさん、自分自身のことをよく考えながら時間をかけてPR文章を考えています。自分とはどんな人間なのだろうか?と…
もちろん、PRなのでマイナスなことは書いていませんが。


写真だけを見て判断をし、好みの方とお会いしても話が合わないな、ということもしばしば…。
PR文には趣味や性格を記入している方、お仕事について書いている方様々です。
自分の趣味や生活感が合う人なのか、自分の好みの性格の人なのかを見極める必要があります。


そして、文章にはお人柄が表れます。
不器用そうだけど、優しそうな人やお話が好きそうな方。様々です。
お見合いのお申込みをする際にはPR文をじっくり見て、人柄をチェックしてみると良いでしょう。

その一言一言の裏には、様々な意味が込められていたりもします。
そしてお相手がどのような家庭を築きたいか等も読み取れたりします。

自己PR文は、非常に重要ですので、是非2度3度読み返して
お相手と自分が合うかどうか、考えてみると良いでしょう。


いかがでしたか??
第一弾、二弾とプロフィールの見方についてご紹介させて頂きました。
色々と参考にしてみて下さいね!

婚活リアルコラム一覧へ戻る